古い木造住宅を改装し、明るく開放的な家に

古くなった木造住宅を改装いたしました。
柱、階段、床など、味わいの深くなった木材はそのまま残して、つやつやに磨きました。また、その木材が生きるように真っ白な壁に作り変えました。
薄暗かった部屋の壁を大きな窓に作り変え、庭からホール、部屋、裏庭へと一体感のある作りとすることで、空間が広がり、気持ちよいスペースとなりました。
キッチンは清潔感のある白いタイル、柱を薄緑のふちを塗ることででアクセントとしました。
バス、トイレは薄暗かったものを、大きな窓で開放的で明るい雰囲気に作り変えました。
庭、裏庭もスペイン風建築で言うところのパティオのように白いコンクリートをうち、光を反射して部屋を照らしてくれます。
木材の味わいを残しながらも、開放的で明るいモダンな家ができあがりました。